住宅ローンでお困りの方 任意売却はご相談ください。

不動産コンサルティング

CATEGORY不動産知識
“経営者の為の不動産活用 防衛術”
 
なるほど不動産研究所

 不動産を購入して、資産を作る。

 不動産を売却して、資金を作る。

 不動産を活用して、収益を作る。

 不動産を管理して、節税をする。




~わかりにくい不動産用語~


住宅やマンションを買う時に

チラシやパンフレットに

いろいろ専門用語が出てくると思います。


土地を購入して好きな家を建てるときは

特に いろいろ専門用語を耳にします。


前面道路の道路種別は

建ぺい率は

容積率は

用途地域は

壁面後退は

高さ制限は

など

これらは、厳密には建築業の用語ですが

ちんぷんかんぷんで

さっぱり意味がわからないと思います。


不動産 特に家についての決まりや法律は、

基本的に 災害対策としてできています。

特に火事

大昔から 火事が最大の敵で

木造住宅が支流の日本では

火事に対して できてきた法律が

基準だと言われています。


道路の幅や

家と家との間隔の決まりなどは

主に火事対策です。


これが

大震災が続き、地震に対して意識が変わり

地震対策が進むようになりました

耐震 制震 免振

いろいろな基準ができて

さらに家はよくなりました。


しかし

今度は大型台風による

風対策かも知れません。

風や竜巻で家が吹き飛ぶ

恐ろしい話です。

この間の台風で家が揺れていたのは

さすがに驚きました。


不動産 や住宅にはわからない用語が多いですが

自然災害に関係するものだなと

理解していただければ

少しは興味がわくと思うます。
耐震記事





FC2ブログランキングに参加中
今日も一押しお願いします


★★★★★★★★★★★★★★★★★

〝 神戸なるほど不動産研究所 ″

神戸市西区大沢1丁目14番地の8

TEL 078-967-6988

FAX 078-967-6989

株式会社 クリエホーム

★★★★★★★★★★★★★★★★★



COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply